著作権の保護期間延長に反対します

2004年5月24日作成 2004年5月30日更新

美しき大空とともに
航空自衛隊創立50周年記念

航空自衛隊
静浜基地航空祭

平成16年5月23日(日) 9:00〜15:00

プログラム
時間行事内容場所・建物番号
飛行展示 0910〜0920 C-130輸送機×1 航過飛行 小牧基地 飛行場地区(飛行場上空)
0925〜0935 T-4練習機×2 機動飛行 浜松基地
0940〜0950 T-1練習機×4 航過飛行 小牧基地
0955〜1005 RF-4偵察機×2 訓練飛行 百里基地
1010〜1020 F-15戦闘機×2 航過飛行 小松基地
1105〜1140 ピッツ×1 ロック岩崎 曲技飛行
1145〜1155 UH-60救難機×1 訓練飛行 百里基地
1250〜1305 AS365N3×1 訓練飛行 静岡県警
1335〜1350 F-2支援戦闘機×1 機動飛行 岐阜基地
1330〜1305 ブルーインパルス×6 曲技飛行 松島基地

※天候等の状況により一部変更又は中止になる場合があります。

以上プログラムより転載


今回初めて静浜基地の航空祭に行ってきました。ここ静浜基地は T-3 初等練習機による訓練が行われている基地で、航空自衛隊のパイロットの操縦訓練はここからはじまります。

航空祭当日は、残念ながら朝から雨が降ったり止んだり、時折強く降ったりといった天候で(天気予報では曇り時々晴れだったんだけど…)他基地からリモートで参加予定だった航空機の飛行展示はすべてキャンセルされてしまいました。

飛行展示の多くがキャンセルされてしまって、少々さみしい航空祭になってしまいましたが、雨の合間を縫って地元のT-3の編隊飛行と救難訓練展示、それにロックのアクロバットががんばってました。


予報では晴れ間が差しそうだったんだけど雨ですよ。来場者も少なめな感じ。

地元のT-3練習機

他の航空祭では地上展示くらいでしか見る機会がないですが、ここ静浜ではこのT-3が主役です

飛んでるT-3を見るのは、この日が初めてだったりします。

航空祭ではおなじみのUH-60による救難訓練展示

T-3の後継になる新型のT-7練習機が地上展示されてました。外見では垂直安定板や主翼翼端の形が変わっていたり、機首が長くなってたりしますが、一番の違いはエンジンがレシプロからガスタービンに変わったところ。

ロックのアクロバット飛行。低っ!

前回ロックを見たのは2002年の丘珠だったんだけど、そのときよりもアナウンスに機上からロックさんの無線交信が多く取り入れられていて、臨場感が上がってとてもよかったです。

静浜基地は小さな基地で、観覧席から滑走路までが近いですよ。


webmaster@kyoutan.jpn.org

('A`)