著作権の保護期間延長に反対します

2001年06月08日作成 2001年06月10日更新

編隊飛行?

SKY HIGH 2001
北部方面航空隊創隊
丘珠駐屯地創立 48周年記念祭

逞しさと頼もしさ

平成13年6月3日(日)午前8時〜午後2時

観閲式・飛行・訓練展示案内
会 場 開 放08:00
  • 観閲式
    北部方面航空隊・第7飛行隊・第11飛行隊・丘珠駐屯地業務隊・第 423会計隊・第 314基地通信中隊丘珠派遣隊・北部方面音楽隊が整列し、厳粛な中にも自衛隊の真の姿を披露
09:50〜10:35
  • 祝賀編隊飛行
    ヘリコプター・連絡偵察機三十数機が一糸乱れぬ大編隊で青空へ飛翔する。
  • 部隊訓練展示
    有事に備え平時に活躍する飛行部隊の活動、その姿がここにある。
    • 1対戦ヘリ隊・方面ヘリ隊の空中起動
      AH-1Sの空中援護の下、UH-1とCH-47に搭乗した空中機動部隊が進入作戦を展開
    • 方面ヘリ隊、第7飛行隊・第11飛行隊による災害派遣展示
      航空部隊等の高い即応性と機動性並びにパイロット間の見事な連帯による救助活動
  • 飛行展示
    • AH-1S
      対戦車ヘリコプターの勇敢な低空機動
    • ノーザンレディーバード
      OH-6ヘリ5機が白煙をはきながら見事な編隊・ソロ飛行を披露
10:40〜12:15
※ 天候等の影響により行事内容の一部を変更することがあります。
※ 行事等実施の細部は、会場見取り図でご確認ください。
装備品展示・各種イベント案内
装備品展示(エプロン地区)
丘珠では普段見られない自衛隊の装備!!
  • 陸・海・空自衛隊航空機
  • 主力74式戦車ほか多数
    人命救助の装備も有るぞ!!
08:00〜13:50
装備品体験コーナー(第1格納庫内)
身近に見てみよう!!
  • 暗視ゴーグル
  • 小火器
写真コーナー
ヘリコプターを主力とする部隊を知ろう
写真等で見る逞しく、頼もしい部隊
(第1格納庫内)(1号隊舎渡り廊下)
北翔館(資料館)
丘珠駐屯地の歴史がわかる!!
飛行場とともに歩んできた地域、旧陸軍・陸上自衛隊の歴史が理解できる
○ 滑走試乗(CH-47)
数十名が一気に搭乗できる!!
大型ヘリが誘導路上を高速滑走
※受付は、時間厳守でお願いします。
受付開始12:20
(荒天時12:00)
受付終了13:40
(荒天時13:30)
○ 体験搭乗(UH-1)
ヘリコプターの素晴らしさを空中体験
※細部は、本プログラムの最終頁参照
当選発表11:20
(12:30頃から搭乗開始)
アトラクション
  • 「ラッパが奏でる自衛隊の日常生活」
    さわやかな響きの下、隊員達の1日がある。自衛隊の規則正しい生活がそこに!
  • 全国的に有名な陸上自衛隊幌別駐屯地隊員による「北海自衛太鼓」の妙技
11:00頃〜
野戦食コーナー
炊事車で作った豚汁が食べられる(無料)
※ 数に限りがあります。
11:30頃〜
  • 隊員クラブ(ビール・酒等)
  • 厚生センター内売店(物販・食堂・喫茶)
  • 野外売店
何かイイものいっぱいあるかも?
08:00〜13:50
記念行事(開放)終了 14:00

SKY HIGH 2001

  1. スカイ ハイ 2001 の意義
  2. 毎年航空隊及び丘珠駐屯部隊が総力を挙げて地域とともに歩んでいこうとの趣旨で「北部方面航空隊創隊・丘珠駐屯地創立記念行事」を通じて理解を深めてまいりました。

    記念祭の主題「逞しさ頼もしさ」を象徴するキャッチフレーズとして、21世紀最初の年に開催します行事を機に隊員から広く募集した67件の中から選考し、北部方面航空隊・丘珠駐屯地の新たなる団結と地域の皆様とともに更に飛躍することを願って末永く愛されるものを制定しました。

  3. SKY HIGH 2001
    SKY High Integration of Ground Supporter & Aviator's Heart 2001(ツゥ・オオー・ワン)
  4. 「果てしない大空」の下、Air Men とそれを支援する部隊集団が蒼空にとけ込む姿であり、航空科の色調である「あさぎ色(SKY BLUE)」のように、清廉なさわやかさの象徴であり、その中に強固な絆で結ばれた駐屯支援部隊と航空科部隊隊員の熱い「こころ」を現したものである。

お願い
  1. 会場内では、係員の指示に従ってください。
  2. 地上展示場での火気の使用(喫煙)は厳禁します。
    タバコを吸われる方は吸い殻缶の所でお願いします。
  3. 事故防止にご協力ください。
  4. 何かおたずねの事がありましたら管制塔横の総合案内所までお越しください。
丘珠駐屯地の沿革
昭和18年 旧陸軍飛行場として開設(飛行第54戦隊 一式戦闘機「隼」)
昭和21年 米軍演習場として使用
昭和29年 北部方面航空隊新編
昭和36年 公用飛行場に指定(北日本航空等運航)
昭和42年 滑走路1,200m→1,400mに延長(YS-11運航に伴い)
昭和47年 冬季札幌オリンピック支援
昭和49年 丘珠駐屯地業務隊新編
昭和61年 第1対戦車ヘリコプター隊新編(帯広:AH-1S、OH-6)
平成6年 航空隊改編
(北部方面飛行隊廃止、北部方面航空隊本部付隊新編:LR-1
北部方面ヘリコプター隊改編:OH-6増強、4コ師団飛行隊廃止し師団飛行隊新編)
平成7年 ヘリコプター映像電送機装備
平成11年 札幌飛行場の滑走路100m延長決定(予備調査開始平成12年夏)
平成12年 有珠山噴火(平成12年3月31日午後1時10分)に伴う災害派遣(延日数 124日)

丘珠の基地祭に、今年から「SKY HIGH 2001」という名前がつきました。

風がけっこう強く、時折小雨が降るような良くない天気の中でしたが、飛行展示等も含め予定通り行事が進められました。

展示はほぼ例年通りの内容で、ヘリコプターの力強い飛行展示を見ることが出来ました。

中でもノーザンレディーバードの発煙飛行は、ブルーインパルス等固定翼機とくらべて、観客にとても近い位置を飛行するので大迫力です。

丘珠の基地祭は、地下鉄の駅が近くにあり交通の便も良いですし、いつもそれほど混雑しないので、行ったことがない方がいましたら、一度のんびりと出かけてみてはどうでしょうか。(ただ、会場には駐車場が有りませんので、車で行くことは出来ません。公共の交通機関を使いましょう。自転車置き場とバイク置き場はありました。)

ところでUHB(地元のテレビ局)が取材に来ていたみたいですけど、ニュースかなんかで紹介されたのでしょうか?

ここのところ日曜日ダケ天気悪いですねぇ。これからのためにてるてる坊主でも作ってお祈りしましょうか。

今年は、9月に航空ページェントもあるので、その時はどうか晴れてください!(来年に延期?)


AH-1S

展示飛行も愛想良く

ノーザンレディーバード ノーザンレディーバード

ノーザンレディーバードの発煙飛行

UH-1 UH-1

今年も体験搭乗に外れました。いつか当選したいなぁ


webmaster@kyoutan.jpn.org

('A`)