著作権の保護期間延長に反対します

2010年2月13日作成 2010年2月13日更新

2007年10月25日作業

軽量フライホイールの取り付け

中古で買った軽量フライホイールを取り付けした様子。作業自体はクラッチ交換と同じなので、今回はあっさりとご紹介。

購入したフライホイールに付いていたセンターベアリングがジャリジャリしていたので、新品に交換した。外すときはベアリングより少し小さいソケットをあてがって、ガツンとブッ叩けばするりと外れた。

新しいベアリングを圧入するときは、ベアリングを壊さないようにいい感じのソケットをあてがって、コンコンコンとやさしく入れた。

ミッションの着脱の時には、こんな具合に台を用意してやるとやりやすかった。

純正品(左)と軽量品(右)の比較。クラッチの付く側はあんまり変わりない。

でも、エンジン側はだいぶ違う。

純正フライホイールは 8kgを少し超えるくらい。今回付けた軽量フライホイールは 5kg。


純正フライホイールと軽量フライホイールの違い

ビデオで見ると結構レスポンス良くなってるけど、運転してみるとそれほど違いを感じなかった。もっとエンストしやすくなったりするかと思ってたけど、普通にスムーズに走れる。


webmaster@kyoutan.jpn.org

('A`)